fc2ブログ

セーラームーンSupers 第22話 感想

『夢の鏡!アマゾン最後のステージ』









Supers22話です。シリーズ全体だと第149話。
予告から死亡フラグをビンビンに立てまくっていたアマゾントリオが遂に退場です…敵キャラの扱いとしては、セーラームーンシリーズの中でもかなり良い扱いだったのかもしれませんね。


●全体印象

今回の主役はアマゾントリオ、及びフィッシュアイですかね。恋のライバルとしてうさぎと色々話した後、正体に気付くのですが…最終的にはペガサスの宿主を誤解された上、美しい夢、そして「人間」についてしっかり考えたのですが、残念ながら使い捨てられてしまいましたとさ。


でも確かに「人間になれる」と言われても、今までだって人の形をしていたわけですから、人間になったとしても実はそこまで大差ないのであって、「美しい夢を持つ」ことが、魔法が解けた自分の姿との境界線だったんでしょうね。それを教えてくれたのが、まもちゃんでありうさぎなわけです。



●各キャラ印象

・うさぎ
今回はヒロイン、って言うと何だか違う気もしますが、狙われ役です。今まで描写されなかったんですが、夢の鏡も割れるし割れたら夢が壊れちゃうんですね。
最終的にはアマゾントリオについての反応だったりはちょっとカット気味なので切ないんですよね。
「よく分からないけど助けてくれた」
「よく分からないけど動物だった」
「よく分からないけどペガサスが連れてくれた」
みたいな雰囲気にはなっていないんですが、もう少しアマゾントリオと会話が欲しかったかなぁ…。


・ちびうさ
ペガサスの宿主として、フィッシュアイにはバレてしまいましたが、フィッシュアイのみだったのでセーフでした。うさぎは狙われ役でしたが、ちびうさは捕らわれ役だったので、出番がほとんどありませんでした。


・亜美 レイ まこと 美奈子
ぶっちゃけ内部戦士は上の通りで、よく分からないけど敵さんが死んじゃったーって感じですよね。まあうさぎらは情報交換よくしてるので、実際はそうでもないと思いますが…問題はこの話以降、アマゾントリオが一切触れられないので、余計に切なくなる上、何かこの話意味あったのかなぁなんて思ってしまうんですよね。まあ敵キャラに何か影響を受けるのかというと、今までそんなことはなかったので仕方無いんですが…。
関係ないですが、レイちゃんだけバンク無しのファイヤーソウル使ってて何か悲しくなりました。スーパー変身してから、技の扱い方が雑ぅい…(・ω・`)



●印象セリフ

「そりゃ、世界で1番良い男だから、目の付け所は良すぎるけど?」


前回の口上でフィッシュアイが正体に気付く場面です。セリフで気付くとは…。


「どうせ僕らは使い捨てです。だからこそ、3人とも人間になれるよう、ペガサスを捕らえるつもりだったのに…このままじゃ、僕達惨め過ぎますからね…」
「もし生まれ変われるなら、今度は最初から人間がいいわね」
「羨ましいよホント…夢をいっぱい持ってる人が…」


それぞれホークスアイ、タイガーズアイ、フィッシュアイからです。この回だと割と置いてかれ気味なのがタイガーズアイだったりするのですが、ホークスアイとフィッシュアイはそれぞれ考えて行動していた点が余計に切なくなります。タイガーズアイも最後は自分ではなく、仲間のために力を使いました。アマゾントリオの最後のステージは、確かに見方によっては惨めで切なく、敗者側なんですよね。各々がどんな事情でもうさぎ達を「羨ましい」と感じるのは当たり前であり、実際ペガサスを捕らえても本当に人間になれるかも怪しいと感じていたでしょうからね。色々な意味で詰んでいたというわけです。たからこそ切ない。


…そして、今後一切触れられないのが余計に…ねw












それではこれにて終わります(^o^)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

睦

Author:睦
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR